TOPJ-PEC住宅用太陽光発電補助金説明会

お知らせ

J-PEC住宅用太陽光発電補助金説明会

事務局の小山内友美です。

今日はJ-PEC(太陽光発電普及拡大センター)が主催する、住宅用太陽光発電補助金説明会にいってきました。

盛岡のアイーナ(岩手県民交流センター)で行われた東北地区のセミナーに参加。

 

内容は今年度の補助金申込状況について~今年度から補助金を受ける必須条件となった「排出事業への参加」についてなどなどもりだくさんの内容でした。

 

参加人数は東北ブロックの各地から集まっているのでかなり多く100以上いました。

 

補助金の申込状況は去年より3割増しくらいで本予算は予定より早めになくなりそうとの事でした。太陽光発電設置をお考えの方は早め早めの設置をおススメします。

 

また、今年度より必須条件となった排出削減事業への参加。

国で運営する「グリーンリンゲージ倶楽部」について詳しく聞いてきました。

グリーンリンゲージ倶楽部へ参加する際は補助金の申込書・完了報告書にチェックするだけで自動的に参加になるそうで、では自家消費分をどのように測定するのか?というと全国からモニターを選んで、モニターの人たちには数値を報告してもらい、他の人たちに関してはモニターの数値を参考にしたみなし数値でいくそうです。

なんかちょっとあいまいな感じもうけましたが。。。

そして、このグリーンリンゲージ倶楽部、一度参加したら退会手続きが必要なそうですが予算の関係上、今年度いっぱいでなくなるかもしれないし、継続するかもしれないし、来年度の事はまだわからないとの事でした。

環境価値の販売代金は国の国庫に納入されるとのことで、太陽光発電を設置し、グリーンリンゲージ倶楽部に参加した人たちは「参加します」と申告しただけで、しらない間に

どこかに自分の環境価値が売買され、知らない間に国にお金が入るというしくみのようです。

 

この排出事業への参加は国のリンゲージ倶楽部と「民間で運営する排出削減事業」を選ぶ事ができるので、自分の環境価値がどのようなところで活躍しているのかきちんと知りたい、価値の販売代金の行く先をきちんとしりたい、販売代金の還元がある方がいいと考える人は「民間で運営する排出削減事業」への参加をおススメします。

ちなみにこの「民間で運営する排出削減事業」とはアセットで運営するグリーン電力証書発行事業もそのひとつにあたります。

詳しくはアセットのグリーン電力証書をご覧ください。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク